古本のおひさま堂がゆくわよ!

子どもの本に囲まれて暮らすおひさま堂が記す、絵本と児童書の紹介・感想・覚書

戦争や平和をテーマにした絵本、おはなし会で読んだだけで満足していない?

今年は戦後70年の節目の年でもあり、戦争や平和をテーマにした絵本の問い合わせが多い。戦争や平和について考えることは大切だが、少なくとも複数を対象にした読み聞かせやおはなし会などで、絵本を通して考えを深めていくことが「容易でない」ことは理解しておいたほうがよいと思う。

 

絵本は、1人の読み手がおおぜいの聞き手を対象に読み聞かせをすることを前提に作られていない。ビッグブックなどの1部の特殊な本を除き、基本は1対1(もしくはせいぜい2~3人)で、読み手の膝の上や傍らなど双方が体温を感じられる距離で読むことが前提になっている。それは、絵本の大きさを見ればわかる。

 

その近い距離から、絵本をなかだちにしたコミュニケーションが生まれる。ついつい忘れがちであるけれど、絵本の本質はコミュニケーションなのだ。決してお話の内容を理解するために絵本を読むのではない。絵本は、教科書ではないのだから。

 

だが、大勢を対象にした読み聞かせでは、多くの場合このコミュニケーションがとれず、「お話の内容がわかった」というところで終わってしまう。戦争や平和に関する絵本だけではないが、子どもたちにとっては「悲しいお話だった」「悲惨なお話だった」というだけのことになってしまう場合が多いのだ。

 

絵本を読むことは種蒔きに過ぎない。蒔いた種をどう育てていくのかは、絵本を読んだ後にかかっている。複数を対象にした読み聞かせでは、種を蒔く以上のことはできないと思ったほうがよい。だからといって、学級会のような話し合いを提案しているわけではない。絵本を使って種を蒔くなら、その種が芽をだし大きく育つように、家庭で世話をしてほしい。

 

そんなことまで、いつもいつも「絵本を読んでくれるおばさん」任せにすることは、できないはずなんだよね…