古本のおひさま堂がゆくわよ!

子どもの本に囲まれて暮らすおひさま堂が記す、絵本と児童書の紹介・感想・覚書

知らない本を偶然手にするという、ひと目ぼれ的読書の楽しみ

f:id:etsuko_ohashi:20160820081905j:plain

駅前に本屋がない街を実感したことがなかった。

それが、都会育ちの思い上がりだと気が付いたのは、那須に移り住んでからである。

家族や友人との待ち合わせは、喫茶店よりも本屋が多かった。携帯電話などなかった時代でも、本屋での待ち合わせなら少々待たされるのは全く気にならなかった。新聞や電車の中吊り広告で見た本を探したり、好きな作家のコーナーを徘徊したり、それは待ち時間を忘れさせてくれるほど楽しい時間だった。

本屋でとりわけ楽しいのは、全く知らない本との”偶然”の出会いである。

タイトルだけでなく、作者の名前も知らない本に目が留まる。パラパラとめくって、読むかどうか迷う……。いや、迷うというのは嘘かもしれない。実のところ、手に取った時点で読む気満々のことが多いのだ。その時に購入しなくても、結局気になり続けて後々購入することもある。

まるで、ひと目ぼれだね。

ひと目ぼれだから、「こんなはずではなかった!」ということもないわけではないが、当たりの確率が極めて高い。本屋を彷徨すればするほど、その確率が高くなっていくような気がする。動物的カンが研ぎ澄まされるのか?

例えば、過去にはこんな出会いがあった。どれも、とても面白かった。

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)

 

 

『ちびくろサンボ』絶版を考える

『ちびくろサンボ』絶版を考える

 

  

なぜ数学が「得意な人」と「苦手な人」がいるのか

なぜ数学が「得意な人」と「苦手な人」がいるのか

 

 偶然という形での本との出会いは、新しい知識や物語と出会うだけでなく、これまで知らなかった新たな自分自身との出会いももたらしてくれる。「あっ、私こんなことに興味があったんだ!」「私の考え方は頑なすぎるかも……」そんな気付きが楽しい。

出会いが偶然というところに、ちょっぴり運命的なものを感じてみたりもする。乙女心というやつだよ。

その楽しみを、今はなかなか味わうことができない。だって、最寄りの駅だけでなく新幹線がとまる駅の近くにも書店がないし、そもそも15km圏内に児童書専門店以外に本屋はないのだから。本屋がない街は本当にあるんだよ……。

「ちぇっ!」と舌打ちしたくなる。

そして、舌打ちしながら今日も Amazon で本を買う。

那須はいま雨。あ~~、本屋に行きたい! 本屋で、まだ見ぬ本に”偶然”出会いたい! 雨模様のこんな日は、書店が無性に恋しくなるのだ。